アンコールトワットのサンライズ(4/26早朝)

  

 今回のツアーのハイライトと期待していたアンコールワットからの日の出鑑賞、午前4時に起床し外を見ると、シトシトと雨が降っている。 昨日のサンセットに続き今日も駄目かと、半分あきらめながら4時55分にロビーに集合し出発。 ガイドさんは雨が降っている事は気にもしていない様子。
外は真っ暗、でも早朝から多くのバイクが走り回っている。
10分位でアンコールワットに到着、真っ暗な参道をガイドさんの携帯電話の明かりを頼りに歩く。足元が見えないのと、ガイドさんに置いていかれないようにと必死に歩く。
アンコールワットが見える辺りに着いた頃には暗闇の中に塔のシルエットが薄っすらと見えるようになった。 雨も上がり雲が切れ始めて日の出が期待された。
参道の欄干にカメラをセットし、塔の左側辺りの薄赤くなってきた空に焦点を合わせて日の出を待つ。

 周りを見ると薄明るくなった中に思い思いの場所で大勢の人が日の出を待っている。

やっと、雲の切れ目から太陽が顔を出した。 なんと予想していた場所よりもかなり左の方向。 急いで参道をおり、右の芝生の中に移動し塔と日の出の重なる位置を探したが、かなり右に移動しても重ならない。 春分の日は中央の塔から日が出ると聞いていたが、この時期は日の出位置が左に移動しており、塔と重ねるのは無理であった。

適当な位置から数十枚のショットを切ったが、気負いすぎたのか満足いく写真にはならなかった。
 
resize0630.jpg (104076 バイト) resize0632.jpg (150245 バイト)

午前5時まだ周囲は真っ暗

薄明かりの中アンコールワットが浮かび上がる

resize0660.jpg (151682 バイト) resize0661.jpg (153664 バイト)

思い思いの場所で日の出をを待つ

resize0675.jpg (155876 バイト) resize0680.jpg (150123 バイト)

太陽が顔を出しました

resize0687.jpg (154928 バイト) wpe17.jpg (42340 バイト)

塔よりもかなり左のサンライス

堀には蓮の花が静かに咲いていた。

←BACK     HOME    NEXT→