新羽田国際空港→タイペイ松山空港

  

 今回の旅行は10月31日にオープンした新羽田国際空港からの出発。 以前のように成田まで2時間近いドライブorリムジンバスの旅と違って、同じ自宅から35Km強と近いのが魅力。

 フライトが午前7時出発のチャイナエアーCI233とあっては、出発2時間のチェックインで午前5時空港着となり、余裕を見て4時にマイカーで自宅出発した。
早朝出発に備えて前々日から、早寝早起きの訓練、前日は総て準備完了し車にスーツケースを積み込んで出掛けるばかりにして、午後9時に就寝と言う早朝出発への努力を強いられた。

流石に日曜の朝午前4時の道路は空いており、横横道路→首都高湾岸線を経由して、民間駐車場のある川崎浮島まで30分足らずで着いてしまった。
駐車手続きもそこそこに空港までの送迎バスに乗り、羽田には5時ちょっと過ぎに到着。 家を出てから1時間足らずの便利さであった。

 チェックインを済ませてから、新しい空港内をぶらぶらしたが、流石に新しい空港は綺麗で気持ちが良い。 成田に比べ狭い所為もあり空港内は分り易く、カウンターを探したり、ゲートまで長い距離を歩かされたりすることもなく楽であった。
 ただこの空港の目玉としてマスコミに取り上げられていた「江戸小路」は早朝のためか、開いていいる店が少なく、薄暗く寂しかった。

resize0118.jpg (109955 バイト)

resize0122.jpg (91858 バイト)

新羽田の名所「江戸小路」

早朝の為薄暗く寂しい

resize0120.jpg (102427 バイト)

resize0129.jpg (143358 バイト)

流石に新しく綺麗

出発カウンターも人がまばら

 羽田を定刻7:00に離陸、台湾台北松山空港までは3時間半のフライト。 エアバスA300はほぼ満席であった。 乗ってから寝ようと思ったが、気流が悪く激しく揺さぶられ寝るどころではなかった。 関東から九州にかけての本州の南岸に前線が停滞し、それに沿って南下していく形となった為か、鹿児島上空を過ぎるまで揺れがひどかった。

 やっと落ち着いたと思ったら、朝食サービス。 台湾風のおかゆはおいしかった。 朝食が片付いたら入国カード記載、そんなこんなで眠らないまま台北松山空港に着いてしまった。

 台北松山国際空港は以前は国際線が多かったが、桃園国際空港が出来てからは国内線が主な空港になった。 丁度羽田と成田の関係に似ている。 小さな空港なので分りやすい。 案内表示も中国語、日本語、英語でまったく不便はない。
入国審査も簡単であった。 スーツケースを受け取り、外に出るとHISの出迎えのガイドさんが名簿を片手に、機関銃のような早口の日本語で人員確認していた。
resize0131.jpg (75811 バイト)

resize0132.jpg (137069 バイト)

乗ってきたチャイナエアー 到着ゲートの出迎え
resize0133.jpg (124478 バイト) resize0134.jpg (139730 バイト)

空港の両替所

皆が揃うまで一休み

 全員が揃って大型の観光バスで免税店に移動。 到着早々に免税店に連れて行かれるとはとおもっていたが、考えて見るとホテルのチェックインは14時、それまでの時間潰しであった。 折角早く起きて来たのだから、何処か観光に連れて行ってくれれば良いのに免税店での時間潰しとはとぼやきたくなる。
resize0137.jpg (195383 バイト) resize0140.jpg (182755 バイト)
免税店前の町並み タイペイは東京に負けない近代都市

 買うものも無く1時間程ぶらぶらしている間にホテルとの調整が出来たのか、夫々のホテルに送り届けられた。 今回のホテルはGreen World Inn Sin Lin(洛碁大飯店)。 直ぐに部屋に入れるとの事、 部屋に荷物を置いて取り敢えず昼食に行くことにした。
レセプションで近くのニューロ麺(牛肉麺)の店をおしえてもらって行って見る。 レセプションで貰った店の名刺は立派だったが、実際の店は薄汚いラーメン屋。 でも味は良く値段も80台湾ドル(約240円)と安く満足。
お腹がいっぱいになってホテルの部屋にもどって、ベッドに横になったらそのまま眠り込んでしまった。

 気が付いたら4時、2時間近く爆睡していた。 
夜の九分ツアーまで未だ時間があったのでホテルの直ぐ前のお寺さん(景福宮)にお参り。
resize0151.jpg (175701 バイト) resize0152.jpg (205783 バイト)

2時間昼寝で元気回復

4階建ての立派なお寺さん

resize0150.jpg (239877 バイト) resize0148.jpg (160850 バイト)
中はきんきら金のブッダ 横浜の中華街に似ている?(こちらが本家)
resize0142.jpg (103395 バイト) resize0141.jpg (105675 バイト)
お寺さんの3階から見た今回のホテル 部屋はビジネスホテルより狭い


                      ←BACK    HOME    NEXT→